マカで基礎体温が理想的なグラフになり妊娠できました

妊活サプリとして有名なものとして多くの方がすぐに浮かぶのは「葉酸」だと思います。
葉酸は妊娠初期の赤ちゃんの成長に必要な成分であり、厚生省からもサプリとして飲むことを推進されているものです。
しかし葉酸は赤ちゃんに必要な成分であり、妊娠しやすい体作りをするというサプリではありません。

私は妊活中にもちろん葉酸はとっていましたが、体作りとして活用し一番効果を感じたサプリは「マカ」でした。
妊活に関するマカの効果は血流を良くする・ホルモンバランスを整えるといったものです。
昔から妊娠に冷えは大敵と言われています。

私は若い頃から冷え性で、夜は靴下を履かないと足が冷えて眠れないくらいでした。
結婚して妊娠を望んで半年以上授からなかったときに、とりあえず冷えをどうにかしなくてはいけないと調べて「マカ」を飲んでみようと思いました。

飲み始めて2ヵ月後くらいに、基礎体温に変化が現れました。
基礎体温はずっと計っていたのですが、低温期から高温期に上がるときがはっきりしないグラフでした。
理想は低温期の終わりに排卵をしてその後すっと高温期に入るグラフなのですが、私の場合は2.3日かけてダラダラと高温期に入っていました。

それだといつ排卵があったのかわかりにくい状態です。
それがマカを飲みはじめ2ヵ月後のグラフでは初めて低温期・高温期がはっきりとしたグラフになりました。
そして心なしか高温期の体温も高く、理想的な基礎体温になったように感じました。

そのよう兆候は持続し、それからさらに2ヵ月後、マカを飲み始めてからは4ヵ月後に妊娠がわかりました。
季節は夏だったので、冷え症についての改善はあまり実感はなかったのですが、その後妊娠中もマカを飲み続けると、その冬は夜は靴下なしで眠れるようになっていました。

妊娠できたのはマカだけの効果ではないかもしれませんが、基礎体温という目に見える形でしっかりと変化があったので、妊娠に一役かってくれたことは間違いないと思っています。
妊娠希望の方で冷えが気になる方、基礎体温のグラフがはっきりしない方にはぜひ「マカ」を試してほしいです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする