いつでも妊娠していいように妊活中に服用したサプリについて。

私は1人目を妊娠するまで約2年間妊活をしていました。
まだ年齢が20代後半と若かったことから、医療機関は受診せず冷え性の改善に取り組んだり妊娠に適切だと思われる体重になれるように食事に気を付けたりしていました。
なのでその2年間に関しては、いつ妊娠してもおかしくない時期であったことから薬の服用に注意したりむやみに激しい運動をしたりするのを避けていました。

そして同時に妊娠に備えて服用していたサプリもありました。
葉酸はすでに出産した友人から勧められたのですが、妊活中の女性が服用して妊娠すると幾分か胎児の奇形のリスクを減少させることが可能だということを聞きました。

最初聞いた時はサプリを服用するだけで奇形のリスクを減少させることが可能なのだろうかと思ったのですが、インターネットで調べたらその通りのことが書かれていたことから友人のいう通り妊娠した時に備えて服用するようになりました。
また妊活を成功させるためにはホルモンバランスを整える必要があり、同時に性欲を起こしたいとも思ったことからマカと亜鉛も服用していました。

服用するサプリの量が少し多いと思ったのですが、自分にとっては必要だと思ったことから妊活中は全てを服用していました。
そのせいかどうかはわかりませんが、普段性欲がそれほど強くない私が妊活中においては少々強めになり、なかなか子どもができなかったものの妊活自体はトラブルなくできていました。

そして妊活を始めてから2年後にようやく妊娠することができたのですが、初診の時に医師から葉酸を積極的にサプリで摂ってほしいと言われました。

葉酸については友人に言われてからずっと摂取していたのですが、まさか医師から葉酸の摂取を勧められるとは思ってもいませんでした。
そして同時に妊活中から葉酸を摂取していたのはよかったことなのだと思いました。
葉酸を摂取したこともあってか、生まれた子どもには奇形もなく元気だったので妊活中に必要なサプリを摂取するのは重要なのだと思いました。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする